1 Day 1 Tip(s)

1day 一日ひとつ 1tip 一つのtipsを紹介

[Mac] メモリが圧迫されて重くなったMacを無料で開放する

   

PhotoshopやIllstratorなどのメモリを多く喰うアプリを使用するとあっと言う間にメモリの空き容量が減り、パソコンの動作が重くなります。

そんな時にメモリを解放するソフトがあれば、とても便利ですよね。

それでは、こんな時に使えるMacのメモリ解放アプリを紹介します。

 

私はいま、メモリ解放に「Memory Clean」を使用しています。

このアプリはメニューバーに常駐させて好きな時に解放することができます。

また、自動で解放する設定ができるので、「メモリが足りなくなった!」 なんてことが無くなります。

ダウンロードは : https://itunes.apple.com/jp/app/memory-clean/id451444120?mt=12

実際の解放画面

元の状態

空きが1.18GBでまあまあ圧迫されていますね。

memory-clean-before

解放中

だいたい30秒くらいで終わります。
メモリの空きが少ない時は速く、多い時はゆっくりとすすみます。

memory-clean-cleaning

解放後

今回は2.69GBまで空いたので、1.51GB解放できました。
何回も繰り返すと8GBのメモリの場合だいたい4GBほどまで解放できます。

memory-clean-after

 

設定

設定の画面では自動解放の設定を行うことができます。

この設定を行うと、残りが指定した値より低くなると自動でメモリを解放するようになります。

 

以下の例では残りが512MB以下になった時に自動解放をする設定です。

memory-clean-auto-setting

 

 

Threshold Levelで解放するしきい値を、Refresh Intervalで解放する時間の感覚を設定しています。

 

また、このアプリケーションは簡単にメモリを解放してくれますが、「swapfile」というメモリの中身を吐き出すファイルを作成してしまいます。

このファイルは「/var/vm/swapfile*」という形で作成されます。
再起動したら勝手に消えるので、ほっておいても問題はないです。

 - アプリケーション

googleadsense336

googleadsense336

  関連記事

[Mac] 外部HDDで「このディスクを修復できません」と出て絶望した時の対処法

外部HDDをMacに接続後「このディスクを修復できません」と出てきた時の対処法で …

[ \ ] Google日本語入力で一発でバックスラッシュ(\)を入力できるようにする方法

バックスラッシュといえば情報の授業でCを扱った時に、めっちゃ出てきた覚えがありま …

[Mac] Batter Healthを利用して、Macノートブックのバッテリーの状態を確認する

メニューバーに常駐するタイプの「バッテリー状態確認」アプリの紹介です。 &nbs …

[Mac] Disk Utilityを使ってディスクの検証&修復

Macに標準で付属されている「ディスクユーティリティ」を使用すると、簡単にHDD …

[Mac] The Unarchiver : zipファイルを解凍した時に残る元のファイルを削除させる方法

zipなどの圧縮されているファイルをThe Unarchiverで解凍した時に残 …

[Mac] CPU使用履歴をアクティビティモニタから表示させ最前面で監視する

画像編集や動画のエンコードなどのCPUに負荷をかける作業をしている時、どのくらい …

Google日本語入力 : よく使う単語を辞書登録して一発で変換

Google日本語入力での辞書登録&編集の方法です。   IM …

[MarkDown] Macで使える最高のMarkDownエディタ「Mou」

 Mouと聞くとアイスクリームも思い出しそうですが、今回は話題のMarkDown …

[Twitter] Twitter for Macで投稿画面でアカウントを切り替える方法

投稿画面でとっさに投稿するアカウントが違う! って思ってしまっても大丈夫なんです …

[Mac] テキストエディットの編集画面の2種類のフォーマットの変更

Macに標準で付属している「テキストエディット」には書式を2通りに変更でき、それ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です