1 Day 1 Tip(s)

1day 一日ひとつ 1tip 一つのtipsを紹介

[Office] Excelでセルに名前を定義して定数のように扱う方法

      2015/06/24

レポートを作成している時、素子の値を定数のように扱って計算をしたいことが多々あります。

 

計算を行うことが一回限りならセルの参照で話が済んでしまうのですが、物理現象は時間とともに変化するので、その時間に対応した値をいくつも計算させなければいけません。

この時にセルをコピーすると中の参照しているセルの値も変化してしまうので、いちいち変化させる必要があります。

これを防ぐためには絶対参照を使用する必要がありますが、余計に式が複雑になってしまいます。

 

また計算式がとても複雑になることも多いので、数式を入力している途中に「こいつは何なんだ!?」となってしまうことも少なく無いかと思います。

 

そこで、セルの値をあたかも定数のように扱う方法を紹介します。

この方法はマクロなどは使用せずとても簡単に計算できるので、一度覚えておけば何度でも使用できる優秀なTipsとなっています。

また、数式内に英単語などを挿入することとなるので、式の意味がよりわかりやすくなる利点もあります。

 

 

セルの名前の定義

定数を定義する前段階として、左に名前、右に値を入力。

メニューバーの「挿入」から「名前」→「作成」と進みます。

excel-define-const

これには

  • 一文字の名称は利用できない
  • 数字では始めることはできない

などの制約があるので注意してください。

 

 

名前の作成時に「作成先」を尋ねられますが、デフォルトの設定で良いでしょう。

excel-generate-name

 

 

これで準備は完了です。

 

試しに先ほど定義をした「omega0」で試してみます。

excel-input-const-function-bar

 

 

セルの中身が定義した値に置き換わっていることが確認できます。

excel-input-const

 - Mac

googleadsense336

googleadsense336

  関連記事

[Mac] テキストエディットの編集画面の2種類のフォーマットの変更

Macに標準で付属している「テキストエディット」には書式を2通りに変更でき、それ …

[音声入力] Macに日本語の音声であるkyokoをインストールして日本語の読み上げを行ってみる

Macに日本語の音声をインストールする方法です。 日本語の音声が存在すれば、sa …

[Mac] JSONファイルをカラーリングして表示するQuickLookプラグイン

JSONは簡単に様々なデータを記述できる言語として様々な所で用いられていますが、 …

[Mac] どのディスプレイがどのGPUを使用しているかを簡単に調べるTips

一部の15inchのMacbook Proや一部のMac ProにはGPUが複数 …

[Mac] Dockの位置を変更する方法と一言コメント

Macのアプリケーションアイコンが並んでいる「Dock」についての設定です。 & …

[Mac] Macのスリープ解除時にパスワードを要求してセキュリティを高める

Macをスリープ状態から解除した時にパスワードを要求する方法の紹介です。 これを …

[Mac] Macでウィンドウを最小化するときのエフェクト3種類の紹介

Macには画面を最小化するときにエフェクトがかけられ、画面がだんだん小さくなりな …

[Mac] ターミナルのスクロールバッファを消去してメモリ使用量を削減するTips

ターミナルで作業をしていると、場合によってはメモリ使用量が数十M〜数百Mとなるこ …

MinimumMenuでメニューバーを幅広く使う

メニューバーにいろんなアイコンがあるアプリケーションのナビゲーションのおかげで隠 …

no image
[SpotLight] SpotLightの計算機能を使って様々な計算を行ってみる

SpotLightって結構凄いんです。 「ctrl+space」で一発で起動、さ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です