1 Day 1 Tip(s)

1day 一日ひとつ 1tip 一つのtipsを紹介

[ディスクユーティリティ] MacでUSBメモリが取り外せない時にやってみること2つ

      2015/05/17

USBメモリを強制的に取り外す方法です。

様々な種類の取り外しを実行することで意外と取り外せるようになることがあります。

 

ここでは外部記憶媒体の名前を「THE MEMORY」とします。

2つの外部記憶媒体(USBメモリ)を取り外す方法

1. Finderで「」をクリック

基本的に、媒体の取り出しは「デバイス名」の右側にある「」をクリックして行います。
右クリックでメニューを呼び出し、「なんとか”を取り出す」とするのも同様です。

external-memory-eject-finder

 

 

Finderでの取り出しの場合は強制取り出しを行うことができます。

external-memory-eject-finder-force

 

2. ディスクユーティリティを使う

ディスクユーティリティを使用して、強制的に取り出しを行う方法です。

取り出したい媒体を選択後、上のメニューから「取り出す」を選択します。

external-memory-eject-disk-utility

 

 

画面に対象の媒体が表示されなくなったら取り出しが可能になります。

 

付録 : どこのプログラムが使用しているかを調べる方法

lsofコマンドを使用することで、どのプロセスがこの媒体を利用しているかを調べることができます。

grepすることで検索を行うことができます。

$ lsof | grep "THE MEMORY"
COMMAND PID   USER   FD  TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
bash    385   enotai cwd DIR  1,12   8192 2   /Volumes/THE MEMORY
Finder  3724  enotai 46r DIR  1,12   8192 2   /Volumes/THE MEMORY
lsof    32095 enotai cwd DIR  1,12   8192 2   /Volumes/THE MEMORY
grep    32096 enotai cwd DIR  1,12   8192 2   /Volumes/THE MEMORY

 

この場合は「bash」とあるので、ターミナルで使用されている事が分かります。

ターミナルで使用されている時は、その媒体のディレクトリで何か作業を行っている事が多いので、「cd」 すると意外にあっさり取り外せる事もあります。

 

 - Mac

googleadsense336

googleadsense336

  関連記事

[Mac] テキストエディットの編集画面の2種類のフォーマットの変更

Macに標準で付属している「テキストエディット」には書式を2通りに変更でき、それ …

[iTunes] iPhone/iPadを接続したときiTunesを起動させない

iPad(iPhone)をパソコンに接続するとiTunesが起動するような設定に …

Mac : システムにシリアル番号を読み上げてもらう

システムにMacのシリアル番号を読み上げてもらう方法です。 Appleサポートに …

no image
[SpotLight] SpotLightの計算機能を使って様々な計算を行ってみる

SpotLightって結構凄いんです。 「ctrl+space」で一発で起動、さ …

[Th-MakerX] Macでの画像リサイズはやっぱりこれが一番らく!

普段使っているアプリの中でも、大分お世話になっています。 特にブログを書くときに …

[OnyX] Macの様々な裏設定をいじるにはこれ!

OnyXを使えばMacの様々な裏設定ができます。 読み方は(オニキス)です。 例 …

Mac : 電源ボタン長押し時のダイアログで使用できるショートカット

MacBook ProやMacBook Airにはこんな電源ボタンがキーボード上 …

[Mac] システム環境設定からディスクを選択して再起動

Macの起動後、「りんご」が表示される前にOptionキーを長押しすることで起動 …

[Cal] calコマンドを使って一瞬でカレンダーを表示する

ターミナル上でcalコマンドを実行すれば一瞬でカレンダーが表示できます。 ただ曜 …

MinimumMenuでメニューバーを幅広く使う

メニューバーにいろんなアイコンがあるアプリケーションのナビゲーションのおかげで隠 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です